紫外線が強くなる5月頃から夏にかけて、日焼け止めクリームで対策をしていても日焼けは避けられません。
女の肌は「白い絹のような肌が命!」ということで、美白対策に余念がない女性の皆さん、美白は、外から美白成分配合の美容液やクリームを塗るだけの対策ではなくて、身体の内側からの対策も忘れてはいけません
今回は、そんな美白対策の食べ物をご紹介します。

美白対策の食べ物に何があるか簡単に覚える方法、それは「赤い食材」
美白になるには、メラニンの抑制と排出がポイントで、そのためには、抗酸化作用や皮膚の新陳代謝を助ける働きのある栄養素が効果的です。
このような栄養素が含まれているのが赤い食材。

エラグ酸

エラグ酸は、強い抗酸化作用を持つ、美白効果にすぐれた天然ポリフェノール。
紫外線によってメラニン色素が生まれるのを防ぎ、シミが生まれるのを抑える働きがあります。
また、抗酸化作用による老化防止効果も期待できます。
エラグ酸を多く含む食べ物には、ザクロ、イチゴ、クランベリー、クコの実などがあります。

リコピン

血流を改善して皮膚の新陳代謝を促進。
シミを押し出すことで美白をサポートする上、肌再生のサイクルを正常にしてシワやたるみを抑えてくれます。
さらに、抗酸化作用によって肌の透明感を保つ効果も期待できます。
リコピンを多く含む食べ物には、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、ピンクグアバなどがあります。

アスタキサンチン

別名「海のカロテノイド」と呼ばれる赤い天然色素。
活性酸素を除去する力に優れていて、紫外線によって皮膚の弾力が失われる「光老化」を防ぐ効果があります。
さらに免疫力アップや老化防止効果も期待できます。
アスタキサンチンを多く含む食べ物には、イクラ、サケ、カニ、エビなどがあります。

ビタミンC

みんなが大好きなビタミンCは、今や多くの化粧品に配合されています。
コラーゲンの合成を助けることでハリを与えたり、メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果があります。
ビタミンCは、水に溶けやすく、熱で壊れやすいため、生で食べるのがオススメです。
ビタミンCを多く含む食べ物には、イチゴ、グアバ、アセロラ、赤ピーマンなどがあります。

β-カロテン

β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚の新陳代謝を高めることでシミの排出をスムーズにして、美白を助ける作用があります。
また、肌のカサつきやニキビが生まれにくい環境を整えたり、免疫力の強化にも欠かせない栄養素。
β-カロテンを多く含む食べ物には、スイカ、唐辛子などがあります。

というふうに、これらの赤い食べ物は普段私たちが食べている身近な食材です。
朝食・昼食・夕食のどれか1食に含むだけで美白対策はかなり効果的!
外からの美白対策はもちろん、身体の内側からの美白ケアも意識して取り入れてみて下さいね。