お肌の悩みで上位に挙がってくるのが「乾燥肌」。
乾燥肌になると、カサカサかゆかったり、お肌がつっぱったり、
メイクののりが悪かったり・・・
どうにかして乾燥肌を改善したいと思っている人は多いと思いますが、
「乾燥肌」について間違った知識を持っている人がたくさんいるのも事実!

まずは、乾燥肌とはどんなお肌の状態なのか?というのを
正しく知ることが大切。

間違った知識を持ったままでいると、お肌はいつまでたっても「乾燥」から
解放されることはありません!

乾燥肌とはいったいどんな状態のお肌?

健康な肌では角質層に約30%の水分が含まれていますが、これが30%以下に
なったのが、「乾燥肌」
です。

最近では、地球温暖化や森林の減少にともない、空気が乾燥しやすい環境にあります。
乾燥肌の人が増えているのは、こうした環境問題にも原因があるようです。

空気が乾いてきて、湿度が30%以下になると角質層から水分が蒸発しやすくなります。
ただし、人間の肌には、水分を守る「保湿成分」がもともとあり、それがきちんと働いていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発しません。
保湿成分をつくる力が低下すると、お肌は乾燥するのです。

つまり、湿度が下がったときにも水分をキープできるのが健康な肌で、
それができないのが「乾燥肌」です。

乾燥肌になる原因

乾燥するかどうかというのは「水分が多いか少ないか」で決まるのですが、
乾燥肌の主な原因は、水そのものが不足しているからではなく、角層が水を
キープする力、すなわちセラミドの不足
です。

セラミドは、外からのものを通さないようにバリアし、さらに角層の水分を
守るという保湿成分としてもっとも重要。

この保湿成分であるセラミドなどが正常に働かなくなって、水分が異常に
低下した状態が乾燥肌。

つまり、肌の中でセラミドが正しく機能していれば、湿度が下がっても肌は
乾かないはずなのに、セラミドが失われるから、肌は低湿度に耐えることが
できずに乾燥してしまうのです。

そして、加齢とともに乾燥肌になるというのは、年齢とともにセラミドの生産量が
減ってくるのが原因なのです。

乾燥すると肌はゴワゴワになる

乾燥すると、肌は硬くゴワゴワしてきます。

冬場に足の裏がコチコチになる人がいますが、それと同じで顔の皮膚も乾燥
すると硬くなり、シワっぽく見えてしまいます。
よく、「肌が荒れて化粧水が入っていかない」というのを聞きますが、
それも硬くなりすぎたときにそう感じるようです。

硬くなるのは、角質層が厚くなるため。
角質層は、もともと肌を外の刺激から守るためにあるので、乾燥して角質の
バリア機能が損なわれると、よりいっそう肌を守ろうとして厚くなります。

しかし、この際に、急いで角質層をつくろうとするために生産が追いつかなくなり、
未熟な角質細胞ができてしまうことがあります。
表皮細胞から角質細胞に変わっていく過程を「角化」といいますが、
角化には通常約28日かかります。
角化の過程の中で、天然保湿因子やセラミドもつくり出されるわけですから、
角化は肌にとってとても大切なものです。

肌が乾燥し、大慌ての角化が起こり、未熟な角質細胞がどんどんできて、
できそこないの角質層ばかりが厚くなります。
皮膚が厚く硬くなった状態がこれに相当します。

このような状態になったら、まずは保湿ですが、角化の悪循環をリセット
するために、厚すぎる角質層をピーリングで少し除去することも有効です。