2015年6月19日のあさイチは、「まつ毛エクステンション」
の健康被害やトラブルについて。

20~40代を中心に人気を集めているまつエクですが、
まつエクのトラブルが急増しているとニュースでも
取り上げられたばかり。

まつ毛エクステとは、自分のまつ毛に人工のまつ毛を1本ずつ
接着剤でつけて、まつ毛を長く濃く見せるメイク術。

でも、今そんなまつエクにトラブル急増中!
4人に1人がまつエクに異変を感じているとのこと。

まぶたが腫れるトラブル

まつエクに多いトラブルが、まぶたが腫れるトラブル。
これは、接着剤によるアレルギーが考えられます。
国民生活センターが、15種類の接着剤を調べたところ、
刺激成分が含まれていることが判明。
そのために、それが刺激となってまぶたの炎症が起こります。
また、刺激が強い成分から排出する揮発性の成分によっても
炎症が起こります。

施術者の未熟な技術によるトラブル

通常まつエクは、地肌から1mmほど離して人工毛をつけ、
接着剤がまぶたに触れないようにします。

この施術方法が守られていないと、接着剤が目の中に入って
充血してくるのです。

現在、まつ毛エクステを施術できるのは、美容師免許を持って
いる人のみ。
それでも、トラブルが減らないのはなぜ?

美容師だから施術できる、美容師だからやっていい・・・
と安易に考えている人がいまだに多いとのこと。
施術のビデオを見ただけとか、見よう見まねでやってみたとか、
そういった店での事故が多く発生しているそうです。

技術も知識も覚えて、しっかりしたルールにのっとっていくと
いう施術者のレベルアップが求められています。

まつ毛エクステの注意点

サロン選び

アレルギーや体調の把握、パッチテストの実施、リスクの説明
などカウンセリングを重視してくれるお店を選びましょう。

施術後

専用のクレンジング剤で清潔にすることが大事です。