2015年6月16日のあさイチは、「女の加齢臭」について。
暑くなって気温が上がってくると気になるのが「ニオイ」。
調査の結果、女性の64%が自分のニオイに不安があるとのこと。
特に40代後半の女性は要注意です!

加齢臭の原因物質の1つが「ノネナール」。
ノネナールは、皮脂腺にある過酸化脂質と脂肪酸が反応して
できる物質。

このノネナールが40歳をすぎるとどんどん増えるため、
加齢臭が発するようになります。

女性の加齢臭は隠されているだけで、ある時期になると
ニオイとして出てくるそう。
そのある時期というのは、「更年期」。

更年期になるまでは、女性ホルモンが過酸化脂質と脂肪酸
の反応をブロックするので、ノネナールが作られにくい状況
ですが、更年期に入ると女性ホルモンが減少するため、
過酸化脂質と脂肪酸が反応してノネナールが増え、加齢臭が
強くなります。

さらに、もうひとつニオイの原因があります。
それは、「ホットフラッシュ」によるもの。

ホットフラッシュ

突然顔や胸元が熱くなり、大量の汗が吹き出るホットフラッシュ。
この汗がニオイの原因になってしまうのです。

ホットフラッシュでかく汗はアンモニアなどを含む
濃度の濃い汗で、この汗と加齢臭が混じるとさらに
強いニオイになります。

加齢臭を防ぐには「塩洗髪」で対策

加齢臭がニオイやすい部分は、
頭・耳のうら・首すじ・胸元・ワキなど皮脂腺が多くある場所。

頭以外は、制汗シートなどで拭き取ったらニオイは抑えられますが、
問題は「頭」。

でも、ニオウ頭も「塩」で洗えば大丈夫!
男女問わず有効です。

塩洗髪のやり方

1、お湯をためた洗面器1杯に大さじ1の塩を入れて溶かす。

2、この塩水で髪をゆすぎ、地肌をマッサージする。

3、後は、髪についた塩分を洗い流すだけ。

塩水には、ノネナールが付着した垢や汚れを取り除く作用
があるため、ニオイを防ぐことができます。
最初はベタつきを感じますが、頭皮の状態が良くなると
ベタつきも軽減され、ニオイも少なくなります。

ゴワゴワが気になる場合、塩洗髪後にトリートメントを
使っても大丈夫ですが、頭皮の状態が良くなってきて
しっとりしてきたらトリートメントの使用をやめましょう。

塩洗髪の頻度は3日に1回。
シャンプー、シャンプー、塩洗髪、シャンプー、シャンプー、
塩洗髪・・・という感じに。
シャンプーの間に塩洗髪を行うことで、皮脂はとらずに
汚れだけ取り除くことができるというワケです。

シャンプーでは加齢臭は防げないの?

頭をゴシゴシ過度に洗うと、皮脂を取り除きすぎて
しまいます。
体は逆に不足した分を補おうと過剰な皮脂が分泌され、
その結果、ニオイます。