紫外線を浴びて日焼けをしてしまったら・・・女性が一番気にすること。
それは、シミやシワができてしまうことですよね。
いったいどれだけの紫外線を浴びたらシミやシワができるのでしょうか?

答えは・・・生まれた時から浴び続けた紫外線の量全てがシミやシワの原因になります。

私たちは、成人するまでに一生のうちの半分以上の紫外線を浴びると言われています。
20代、30代、40代になるにつれてシミやシワが気になってしょうがない。
30代、40代からシミが増えないようにせっせと日焼け止めを塗る人も多いのですが、実はあまり意味がありません。

去年、一昨年に浴びた紫外線が原因でシミやシワができるのではなく、若い頃に浴びたもうずいぶん昔の紫外線が原因でシミやシワができるのです。
その頃にどれだけ日焼けをしたかによって、シミやシワのでき始める年齢に大きく影響してきます。
また、若い頃に浴びた紫外線の蓄積によってシミやシワの量もほぼ決まってしまうのです。

若い時は新陳代謝が活発で、皮膚の回復力が強いので、シミにはなりにくいのですが、長い長い時間をかけて年齢を重ねるにつれて、過去に浴びた紫外線のツケがシミやシワになって現れるわけです。

かといって諦めるのはまだ早い!

これからは紫外線を少しでも浴びないように気をつけることが大事
そうすれば、10年後や20年後にうっかり表面に出てくるかもしれないシミやシワ予備軍が顔を出すことがなくなります。