日焼け止めには、必ずSPF20、SPF30、SPF50などの表示がされていますよね。
種類がいっぱいある日焼け止めの中から、日常使うものはいったいどれがいいのか?迷ってしまう方のために、日焼け止めのSPFについて選び方をご紹介します。

まずは、結論から言って、日常使う日焼け止めはSPF20で十分!
その理由をこれから説明していきます。

SPFとは?

SPFとは、紫外線B波(UVB)を防ぐ力を示し、日焼けするまでの時間を表す数値のこと。
肌が赤くなってヒリヒリし始めることを「サンバーン」と言いますが、日焼け止めなど何も塗らない状態と比べて、サンバーンが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるか、という目安。

通常、大人が素顔で紫外線を浴びた場合、個人差はありますが、サンバーンを起こすまでに20分ほどかかると言われていて、これを「SPF1」としています。
例えば、SPFが一番低い「SPF2」の日焼け止めを塗ると、サンバーンを起こすまでの時間を20分の2倍、つまり40分に延ばすことができるというわけです。

ちなみに、SPFは最低2からで、最高50までとなっています。

日常使う日焼け止めがSPF20でいい理由 その1

では、一番多く出回っているSPF20、SPF30、SPF50の日焼け止めは、サンバーンを起こすまでにどれくらいの時間延ばすことができるか計算してみましょう。

SPF20

SPF20の日焼け止めなら、何も塗らないときと比べて、20倍の時間紫外線を防げることになり、20分×20=400分、つまり6.6時間紫外線をカットしてくれます。

SPF30

SPF30の日焼け止めなら、何も塗らないときと比べて、30倍の時間紫外線を防げることになり、20分×30=600分、つまり10時間紫外線をカットしてくれます。

SPF50

SPF50の日焼け止めなら、何も塗らないときと比べて、50倍の時間紫外線を防げることになり、20分×50=1000分、つまり16.6時間紫外線をカットしてくれます。

ここで、注意してほしいのは、SPFの値が大きければ大きいほど紫外線を防ぐ力も強くなる・・・と思われがちなのですが、あくまでも「持続時間」を示すものであって、紫外線を防ぐ力ではないこと。

SPF50の日焼け止めが16.6時間紫外線をカットしてくれるからといっても、16時間延々と紫外線が降り注ぐ地域は日本にはまずないですよね?
1年のうち一番紫外線が強くなる時期は5月~9月ですが、紫外線に注意しなければならない時間はせいぜい7~8時間。
そのうち特に注意しなければならないのは4~5時間

だから、日常使いなら日焼け止めは、6.6時間紫外線をカットしてくれるSPF20で十分なのです。

日常使う日焼け止めがSPF20でいい理由 その2

結論から先に言うと、「SPF20もSPF50も効果がほとんど変わらない」から。

SPFの数値が上がれば上がるほど紫外線吸収剤の量が増えるので、当然お肌への負担も強くなりますが、実は、SPFの値は15を超えると、紫外線の防止効果にはほとんど変わりがないのです!

例えば、SPF50のUVカット率が98%なのに対し、SPF15~20のUVカット率は96%くらい。
では、何が違うのか?
それは上でも書いたように、「効果が持続する時間」ですが、日常使いではSPF50の日焼け止めが必要ないということはもうお分かりだと思います。
つまり、たった2%ほどの違いであれば、お肌に負担が少ないSPF20の日焼け止めを選ぶべきです。

日常使う日焼け止めがSPF20でいい理由 その3

SPFの数値が高いものを使いたい大きな理由は「シミができるのを防ぐため」ではないでしょうか?
確かに、シミを予防するには紫外線に当たらないことが基本です。
しかし、SPFの数値はあくまでサンバーンを起こすまでの時間について測定された数値であって、お肌にシミができるまでの時間について測定されたものではありません

実際には、サンバーンを起こすほどの日焼けをしなくてもシミはできます
毎日紫外線に当たった積み重ねがシミの原因になります。
SPF50の日焼け止めを塗って、16.6時間の間、サンバーンは起こさずにすむかもしれませんが、小さな「シミのもと」は肌の奥にすでに発生しているかもしれないのです。

そうなると、やっぱり数値が高めの方がいいのではないか?
と思ってしまいますよね。

だけど、いくらSPFの数値が高い日焼け止めを塗っていても、汗や皮脂でくずれてしまえば何も塗っていないのと同じこと。
想像してみて下さい。
SPF50の日焼け止めを塗って真夏の紫外線を16.6時間浴び続ける環境にいることを。(まず日本では考えられない環境ですが・・・)。
そんなに長く太陽に当たっていたら・・・どんなに高い数値の日焼け止めを塗っていても、メイクは崩れてスッピン状態、当然日焼け止めもとれちゃっていますよね。
そう、日焼け止めは1度塗ったら効果が持続するわけではなく、紫外線に当たる時間が長ければ長いほど、途中で何度か塗り直さないと効果がなく、日焼けしてしまいます。

つまり、SPFの数値の大きさだけでは、紫外線からお肌は守れないのです。
また、SPFの数値が大きければ大きいほどお肌には負担がかかるのです。

以上のことから、日常使いではお肌に負担が少ないSPF20の日焼け止めの方がいいということがお分かりいただけると思います。