日焼け止めに配合されている日焼け止め効果のある成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。
どちらも日焼け止め効果があるには変わりないのですが、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いはいったい何なのでしょうか?

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、それを別のエネルギーに変えることで肌への侵入を防ぐもの。
成分表示に「オキシベンゾン」「パルソールA」「メギゾリルSX」「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」などと記載があれば、それは紫外線吸収剤です。
紫外線吸収剤は、紫外線を防止する力が散乱剤よりはるかに高く、SPF・PA値を高くしやすい、また肌に塗った際に白くならないのがメリットです。
しかし、紫外線を吸収する際に肌の上で化学変化を起こすので、皮膚毒性があり、厚労省より配合量が決められています。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤とは、肌の表面で紫外線を散乱させてブロックするもの。
成分表示に「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化セリウム」「カオリン」「タルク」などと記載があれば、それは紫外線散乱剤です。
これらの成分が鏡のように膜をつくって紫外線を跳ね返します。
ただし、白浮きしやすい、感触がザラつくなどのデメリットがあります。

紫外線吸収剤のように化学変化を起こさないので肌にやさしいのが特徴ですが、最近の紫外線散乱剤は、紫外線カット効果を高めるため、また、肌に塗ったときの透明感を高めるために超微粒子化した粉末が使用されています。
この超微粒子の粉末は皮膚のバリア機能をかいくぐって、皮膚の奥にまで入り込み、お肌のトラブルを引き起こします。
粉が皮脂を吸着するので、お肌が乾燥する原因になることもあります。
また、散乱剤自体が紫外線を浴びると、肌に有害な活性酸素を発生させます。

ノンケミカルの日焼け止め

ほとんどの日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を組み合わせてつくられたミックスタイプですが、お肌に刺激が強い紫外線吸収剤を使わず、紫外線散乱剤のみで作られたのがノンケミカルの日焼け止め
なぜ、ノンケミカルの日焼け止めがあるかと言えば、まれに紫外線吸収剤にアレルギー反応を示す肌があるから。
ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用という点において肌に刺激が少ないことは確かなので、日焼け止めがどうも苦手で・・・という人は、ノンケミカルの日焼け止めを試してみるのも良いでしょう。