糖化とは、スイーツや炭水化物などに含まれる糖と体内のタンパク質が
体温で加熱され、老化促進物質を生む現象。
この老化促進物質が蓄積されると、シワやたるみができやすくなります。
主な原因は、糖分の過剰摂取や焦げ目のついた料理の食べ過ぎ。
焦げ目のある料理、揚げ物、焼いた肉のコゲはそれ自体が老化促進物質。

老化促進物質は、肌でけではなく、髪や骨の老化も促進します。
老化促進物質が増えると、高血圧や糖尿病など生活習慣病を悪化させ、
脳卒中、心筋梗塞、がんなどにつながる可能性があります。

さらに、お酒の飲み過ぎも糖化を進めてしまいます。
飲酒頻度が高くなるほど老化促進物質が増えるのです。
お酒の適量は、日本酒2合、赤ワイングラス2杯、ビール中瓶1本、
焼酎半合弱。

糖化を抑制する方法

・肉料理にはレモンをかける。
レモンに含まれるクエン酸は、糖化を抑制すると言われています。

・野菜から食べ始める

・食後20分間の軽い運動

・お肉は焼いたり揚げたりするより、ゆでたり蒸す方が良い

友利先生直伝!シワ・たるみ対策の顔ヨガ

1日1回5セット行い、シワやたるみを予防しましょう。

1、鼻の下をのばすように口を開ける。

駆け込みドクター 顔ヨガ

2、上を見る。

駆け込みドクター 顔ヨガ

3、まぶしいものを見るように目を細める。

駆け込みドクター 顔ヨガ

高畑さんは、アイーン体操をしているそうで、アイーン体操は、
口の周りや首の筋肉が鍛えられて良いそうですよ♪