2017年1月31日のその原因、Xにあり!は、頬がたるむことによっておきる「ブルドッグフェイス」を改善!
1日1分の「キスミー体操」で、年齢に関係なく首のシワが薄くなったり、頬が上がったりと効果あり。
まずは3週間毎日続けてみましょう。

ドクターシーラボが行った、「自分の顔を見て”老けたなぁ”と感じる部分は?」というアンケートで90%がたるみと回答。
その中でも気になるのは「頬」のたるみがダントツ!

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

頬がたるんで起きる「ブルドッグフェイス」

頬がたるむことによってほうれい線が深くなり、口の両端から腹話術人形のようなシワ「マリオネットライン」が刻まれた顔を動物に例えたのが「ブルドッグフェイス」!

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

ブルドッグフェイスは、年齢や男女に関係なく誰にでもなる危険性があるとのこと。
それはなぜか?
ブルドッグフェイスの原因は、「縮み首」にあるからなのです。

ブルドッグフェイスは一般的に、加齢や脂肪がついたことによるたるみ、そしてむくみが原因と言われますが、他の意外な原因のひとつが「縮み首」。
縮み首とは、口元から胸元にかけて広がる「広頸筋(こうけいきん)」という筋肉が縮んでいる状態。

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

広頸筋とは、下あごから胸元まで広がる薄い膜(ハンカチくらいの薄さ)のような筋肉のこと。
広頸筋は、口の周りで他の表情筋とつながっているため、たるんで縮んでいってしまうとそれにつながっている口角の筋肉やほほの筋肉もつられて引っ張られます。
筋肉は長い間使わないと必要のないものと怠けだし、だんだん収縮していくのです。

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

縮み首をチェックする方法

首に横ジワが入っていないかチェック!
「入っている」という人は縮み首になっている可能性があります。

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

横ジワは広頸筋が支えきれなくなったためにできた皮膚のたるみによるもの。
今は大丈夫でも近い将来ブルドッグフェイスになるかもしれません。

現代人が縮み首になりやすい理由

スマホやパソコンを長時間見ていることで、うつむきがちな姿勢が増え、ブルドッグフェイスになる人が増えてきているとのこと。

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

その原因、Xにあり!ブルドックフェイス

うつむき続けると広頸筋は「使われなくなった」と判断し、働きを止めてしまいます。
すると、だんだんと広頸筋は縮み始め顔の筋肉もつられて引っ張られ、その上にある皮膚が雪崩を起こしてしまうのです。

ブルドッグフェイス改善法「キスミー体操」

1、背筋を伸ばして首を後ろに倒す。

その原因、Xにあり!キスミー体操

2、天井に向かってキスをするように唇を突き出す。
3、「うー」と声を出し10秒キープする。

その原因、Xにあり!キスミー体操

その原因、Xにあり!キスミー体操

4、ゆっくり元の位置に戻す。

その原因、Xにあり!キスミー体操

この動きを朝と夜の1日2回、3セットずつ行う。

広頸筋が伸びるよう意識して首を伸ばす。
口をとがらせると口元の筋肉を刺激し効果的。

その原因、Xにあり!キスミー体操

その原因、Xにあり!キスミー体操

3週間「キスミー体操」を行った結果

●検証ルール
・毎日キスミー体操を行う
・1回10秒×3セットを朝晩
・期間は3週間
・それ以外は普段通りの生活

「ブルドッグフェイス」に悩む石川さん(69)ら5名の被験者がキスミー体操にチャレンジ!

測定結果は・・・

全員、シワが薄くなったり、頬が上がったり、顔が一回り小さくなった印象になったりと、結果は良好!

その原因、Xにあり!キスミー体操

その原因、Xにあり!キスミー体操

その原因、Xにあり!キスミー体操

広頸筋の変化を超音波で測定。
赤い部分が増えていれば縮み首に改善が見られます。
石川さんの広頸筋を見てみると、キスミー体操を始める前と比べて筋肉が柔らかくなったことを示す赤い部分が増えてきていました。

その原因、Xにあり!キスミー体操