私は朝だけ水で洗顔しています。
水じゃなくぬるま湯のときもありますが、基本的に「水」だけでバシャッと洗い流して洗顔は終了!
皆さんはきちんと洗顔料や石けんを使って顔を洗っていますか?
それはなぜですか?

たぶん・・・返ってくる答えは、

「朝起きたら顔が脂でベタついているから」
「洗顔料や石けんで顔を洗ったら汚れも落ちてスッキリするから」
「寝る前に塗った乳液やクリームで顔がベタベタだから」
「洗顔料や石けんで顔を洗うことが習慣になっているから」

などでしょうか。
もし、他にも理由があるよ!という方は、是非コメント欄でお知らせ下さいね。

私は、水洗顔をする前は、洗顔料を泡立てネットで丁寧に泡立ててモコモコの泡にしてから毎朝洗っていました。
なぜ?
理由は上に書いたとおりで、私にとってはそれが当たり前で習慣になっていたし、どの美容本を見てもそんな風に書いてあるので、それを信じて疑わなかった私。
それ以上でもそれ以下でもなかったのです。

それくらい洗顔料信仰が強かった私がなぜ水洗顔にハマッてしまったのか?
そして、朝だけ水洗顔にするとなんで良いのか?
お話していこうと思います。

私の肌の状態は・・・

私の肌は「脂性肌」。
中学生の頃は顔一面ニキビだらけで、高校を卒業する頃には少し落ち着いてきましたが、とにかくニキビのことで長年悩んできました。
今でさえ中学生や高校生からメイクすることは普通ですが、当時の私のまわりではメイクをすることなんて考えられない田舎育ち。
初めてメイクをしたのは大学生になってからでした。

そして、ニキビの次に悩んだのが「顔のテカリ」。
脂性肌なので、化粧のモチがとことん悪く、夕方になったら朝には白かった顔が日焼けをしたわけではないのに、脂のギトギト感でどす黒くなってくるんです。
それが毎日のことなので慣れてくるといえばそうなんですけど。

というわけで、とにかく顔の脂をスッキリ落としたい!私は、中学生の頃から毎朝洗顔料で顔を洗っていました。
え~、かれこれ23年くらい洗顔料を使っていたでしょうか・・・。

洗顔料を使っての洗顔から水洗顔へ

朝起きたら顔中脂ギトギトの私が、朝だけ水で顔を洗うというなんとも恐ろしい選択をなぜしたか?
それは、「肌断食」ということを知ってしまったから。
肌断食とは、字の通り「肌の断食」です。
簡単に言うと、今まで行ってきたスキンケアを一切やめて肌には何も与えない!というもの。
この肌断食を知ってから、私の洗顔料信仰もスキンケア信仰もすべてがくつがえるほどの衝撃を受けました。

顔中ギトギトの脂を落とさないってどういうこと?
汚れを落とさないで美肌になれるわけがないでしょ?

と思いつつ、今までのスキンケアし放題の歴史を振り返ってみると・・・
確かに、自分が思い描いている理想の肌には一歩も近づいていないどころか、どんどん遠ざかっているような気にさえなってきました。
しかも、30歳を超えると老化する一方。

そこで、私は今までの美容法を一切やめて「肌断食」という新たな美容法をとりあえず試してみようではないか!と決めたのです。
そのひとつが「朝は水洗顔をする」こと。
ですが・・・スキンケア大好きな私がこれだけで水洗顔の良さを信じたわけではありません。
そこには、ちゃんと納得できる理由があったからです。

水洗顔がなぜお肌に良いの?

夜寝ている間に皮脂腺から出た皮脂は、時間とともに酸化して過酸化脂質になります。
この過酸化脂質はお肌を傷めるので、朝にはこの過酸化脂質を洗い流さないといけません

だから、洗顔料を使う必要があるんでしょ。

って思ってしまうのですが、答えはノーです。

過酸化脂質は水溶性なので、水で落ちるのです。
だから、朝はこの過酸化脂質を洗い流す「水洗顔」だけで良いのです。

じゃあ、洗顔料や石けんを使って洗顔するとなんでお肌に悪いのか?
皮脂をキレイに落としてしまうと、肌表面のバリア機能が壊れるので、お肌が乾燥します。
乾燥するとかゆくなったりつっぱったりするので、化粧水や乳液をつけたくなります。

これが、スキンケアの悪循環。
洗顔料を使うと、その次の化粧水も乳液も使ってしまいたくなるのです。

皮脂というだけで敬遠されがちですが、皮脂は身体にとっては天然の保湿クリームのような働きをする大事な役目をしているので、ある程度の皮脂は必要。
皮脂を洗顔料や石けんできれいに洗い流してしまうと、身体は逆に「皮脂を出そう」とします。
そして過剰に皮脂が出ると、だんだん皮脂腺も大きくなってさらにギトギトの脂だらけ・・・になってしまいます。

だけど、朝だけ水洗顔にして皮脂をとりすぎないようにすると、身体は頑張って皮脂を出さなくても良くなるので、適度な皮脂がいつも保たれるようになります。

実は、これが「肌本来がもっている力」。
朝の水洗顔は、肌本来がもっている力を最大限に引き出してくれるといっても過言ではないと思います!